エクシア合同会社(exia)とスカイプレミアムを徹底比較!投資をするならどっち?

エクシア合同会社(exia、旧エクシアジャパン)とスカイプレミアムを徹底比較!投資をするならどっち?
当ブログの読者の方から「エクシア合同会社(exia)とスカイプレミアムは、どちらがいいの?」というご質問をよくいただきます。

エクシア合同会社とスカイプレミアムは両者とも投資対象のメインがFXであることから、比較対象として挙げられるようですね。

しかし両者は方針や仕組みなど異なる点が多く、投資する目的によってどちらを選ぶのか変わってきます。

そこで今回は、スカイプレミアムとエクシア合同会社の両者で投資を悩んでいる方に向けて、様々な項目で比較していきます。

総評:資産形成優先ならエクシア合同会社

それではまずこの記事の結論を述べます。

資産形成を優先的に考えたい方は
エクシア合同会社(exia)

資産形成にプラスしてホテルや
レストランの割引優待を利用したい方は

スカイプレミアム

まず両者の大きな違いは、資産形成以外にサービスや特典があるかです。

エクシア合同会社は出資者から集めたお金を投融資し、そこから得られた利益を出資者に還元します。利回りは月利で3〜4%くらいです。

その他のサービスは特になく、以前は毎月1回出資者限定でレセプションパーティーを行っていましたが、現在は新型コロナウィルスの影響で中止となっています。

一方で、スカイプレミアムは資産形成以外にも、ホテルやレストランの優待サービスも受けられます。

さらにスカイプレミアムはFXだけの運用ではなく、積立型の商品を扱っていますので、投資先を選ぶことも可能です。

それでは以下でエクシア合同会社が向いている人とスカイプレミアムが向いている人をお伝えしていきます。

エクシア合同会社が向いている人

資産形成を最優先したい方はエクシア合同会社がいいでしょう。

エクシア合同会社は高い利回り」と「リスク分散」の2点から見て資産形成に適しているといえます。

エクシア合同会社の利回りは運用開始当初の2016年から平均月利3~4%と非常に高い数字を残しています。とにかく短期間で大きく資産を殖やしたいというニーズにはしっかり応えてくれます。

また、投資をする上で大きな損失は避けたいですよね。この点においてエクシア合同会社は出資者から集めた資金を多様な投資対象に投資することでリスク分散をし、損失を減少させています。

エクシア合同会社の投融資先は多岐にわたり、シンガポール法人でのFXの運用のほか、第二種金融商品取引業であるエクシア・アセット・マネジメント株式会社、暗号資産取引業者であるエクシア・デジタル・アセット株式会社、さらには不動産事業へも投融資しています。

徹底したリスク分散を図り安定運用を目指しているようですが、それでも高い利回りを維持してくれています。

スカイプレミアムが向いている人

スカイプレミアムはエクシア合同会社のように資産形成サービスのみにフォーカスしているのではなく、ホテルやレストランの優待など様々なサービスを提供しています

まず多くの方は「スカイプレミアムに投資する」といいますが、これは少し間違っています。

実はスカイプレミアムという投資商品は存在せず、会員サービスの1つである「ライオンプレミアム」という商品が投資対象となります。

ライオンプレミアムに投資するためには、スカイプレミアムの会員になる必要があり、会員限定のサービスとしてライオンプレミアムへの投資ができるという仕組みです。

なおスカイプレミアムはライオンプレミアムのほか、RL360°(旧ロイヤルロンドン)、プレミアトラストという投資案件も用意しています。

3つの中で支持されているのがライオンプレミアムで、この商品がよくエクシア合同会社との比較対象になっています。

ライオンプレミアムの配当は平均月利1~2%程度なので利回りの面ではエクシア合同会社と比較すると少し劣ります。また、ライオンプレミアムはFXのみでの運用ですので、リスク分散がされているとは言い難いです。

それでも月1〜2%をコンスタントに出せていることは、投資信託などに比べれば優秀ですし、スカイプレミアムの会員になることによって様々な特典やサービスもあります。

資産形成はほどほどに、その他の特典やサービスも受けてみたいという人にはニーズを満たしてくれるでしょう。

エクシア合同会社とスカイプレミアムを比較

エクシア合同会社(exia,旧エクシアジャパン)とスカイプレミアムの比較
それではここからエクシア合同会社(exia)とスカイプレミアムを様々な項目で比較していきます。

まずは簡単な一覧表があるので、以下をご覧ください。

エクシア
合同会社
スカイ
プレミアム
利回り
(2020年)
38.30%13.56%
手数料0円月額5000円〜10,000円※1
出資額490億円公開なし
会員数8,956名26,026名
運用方法グループ会社
不動産への投資
FXでの運用
FX
(ライオンプレミアム)
その他
サービス
パーティー
参加無料
ホテル
レストラン
等割引

※1 US$1=100円の場合

上記のデータは2021年4月時点の数字です。それではこの表に沿って各項目を細かくみていきましょう。

利回り

投資をする上でやはり一番気になるのが利回りですよね。

両社の2018年・2019年・2020年の運用実績は以下のようになっています。

エクシア
合同会社
スカイ
プレミアム
2018年44.04%21.37%
2019年35.33%16.27%
2020年38.80%13.56%

※スカイプレミアムは「ライオンプレミアム」への投資

どちらもマイナスがなく、非常に高い年利の実績を残していることはとても素晴らしいですね。

しかしこのように比べてみると、やはりエクシア合同会社の方がスカイプレミアムよりひと周り良い利回りを残しているという印象でしょうか。

それでは具体的に投資した資金はどの程度増えるのか【2020年1月〜12月の間、100万円を一度も出金せずに運用した場合】を想定して両者の実績を比較してみましょう。

エクシア
合同会社
スカイ
プレミアム
2020年月利運用残高(万円)月利運用残高(万円)
1月2.54%102.50.76%100.8
2月2.59%105.21.41%102.2
3月5.40%110.92.24%104.5
4月2.62%113.81.59%106.1
5月2.57%116.70.73%106.9
6月3.14%120.40.92%107.9
7月3.51%124.61.44%109.4
8月3.02%128.40.95%110.5
9月3.18%132.40.43%111.0
10月4.16%137.91.15%112.2
11月3.56%142.91.10%113.5
12月2.01%145.70.84%114.4

表からわかるように、2020年に関してはエクシア合同会社が全ての月でスカイプレミアムの月利を上回っていますね。

また、2020年の最高月利はエクシア合同会社が5.40%、スカイプレミアムは2.24%とその差は2倍以上。

今回の想定で運用した場合、エクシア合同会社とスカイプレミアムの運用残高の差額は約30万円にも及びます。

2020年1月〜12月の間、100万円を
一度も出金せずに運用した場合
エクシア合同会社
100万円→145.7万円
スカイプレミアム
100万円→114.4万円

やはり利回りを重視するならばエクシア合同会社を選ぶと良いですね。

なおエクシア合同会社の過去の利回りについては「エクシア合同会社の気になる利回り、配当実績のまとめ」に詳しくまとめています。

関連記事

2016年から運用を開始し、単月でも圧巻の利回り(返戻率)を出し続けるエクシア合同会社(EXIA)。圧倒的な利回りで、2021年5月現在、累計出資者数は8,956名、累計出資金合計額は490億円となっています。実はエクシ[…]

では続いて手数料を比較してみます。

手数料

エクシア
合同会社
スカイ
プレミアム
手数料0円月額5000円〜10,000円※1

※1 US$1=100円の場合

エクシア合同会社は一切手数料がかかりません。そもそもエクシア合同会社は融資や投資から得た利益の一部を出資者に配当として出しているだけなので、手数料という概念が存在しません。

一方、スカイプレミアムは月々5,000円~10,000円の手数料が発生します。

なおこの手数料はライオンプレミアムに投資するためではなく、スカイプレミアムの会員費となります。

スカイプレミアムもエクシア合同会社と同様に、運用に関して手数料は発生しないようですね。

スカイプレミアムの会員にはGOLD会員(月額5,000円)とPLATINUM会員(月額10,000円)の2種類があります。

PLATINUM会員だとサービス特典の割引率がGOLD会員より高いなどの優遇があるようですが、ライオンプレミアムだけを利用するならばGOLD会員で充分です。

ただし、スカイプレミアムでGOLD会員として運用した場合でも年間換算して6万円の会員費がかかることには注意しましょう。

例えば、先ほど利回りで例に挙げた【2020年1月〜12月の間、100万円を一度も出金せずに運用した場合】に手数料のことを考慮すると以下になります。

2020年1月〜12月の間、100万円を
一度も出金せずに運用した場合

エクシア合同会社
145.7万円
スカイプレミアム
114.4万円108.4万円

スカイプレミアムの会員になると多様なサービスが受けられるのは魅力的ですが、資産運用にフォーカスしたい方にはこの手数用はかなり痛い出費だと思います。

続いて出資額と会員数を比較します。

出資額と会員数

エクシア
合同会社
スカイ
プレミアム
出資額490億円公開なし
会員数8,956名26,026名

エクシア合同会社の出資額は、2016年から現在まで累計490億円です。

一方、スカイプレミアム(ライオンプレミアム)は出資額が公式HPからは確認できませんでした。

それでもスカイプレミアム(ライオンプレミアム)は運用総額(出資額に運用結果も含めた額)を開示しており、その額は3500億円にまで上るようです。

エクシア合同会社は運用総額の記載がないので、両社の資金規模を比較するのは難しいですかね。

会員数に関しては2021年4月現在スカイプレミアムの方がエクシア合同会社より3倍ほど多いです。

ただしこの会員数はスカイプレミアムの会員数であるため、このうち何人がライオンプレミアムへ投資しているのかについては記載がありません。

運用方法

エクシア
合同会社
スカイ
プレミアム
運用方法グループ会社
不動産への投資
FXでの運用
FX(ライオン
プレミアム)

エクシア合同会社は複数の会社や各種事業に投資をし、得た利益を出資者に毎月配当として付与しています。

投資事業先にはエクシア合同会社の子会社でもあり、金融商品取引業者に登録もしているエクシア・アセット・マネジメント株式会社などが代表としてあります。その他にも融資事業では不動産への融資なども行っているようです。

このようにエクシア合同会社はFX運用以外にも幅広い投資や融資を行い、リスク分散を図っています。

一方スカイプレミアムは、ライオンプレミアムでFXのみでの運用となります。

ライオンプレミアムはCSOB銀行(チェコスロバキア貿易銀行)に口座を開設して、別途運用会社(GQFX)がEA(FXによる自動売買)で運用しています。

エクシア合同会社とは異なり、スカイプレミアムはFXでの運用に特化しているという点が違いとしてあげられますね。

なおライオンプレミアムを運用するFX業者のGQFXはベリーズ(カリブ海にある国)の金融ライセンス、IFSCを取得しています。

日本の金融庁ではないですが、海外で金融ライセンスを取得していることは評価できますね。

では両者の資産形成以外のサービスを見ていきます。

その他サービス

エクシア
合同会社
スカイ
プレミアム
その他
サービス
パーティー
参加無料
ホテル
レストラン
等割引

エクシア合同会社は資産形成がメインのため、出資者に向けて資産形成以外のサービスは提供していません。

それでも出資者に向けてパーティーを月に一度開催しています(※現在はコロナウィルスの影響で実施していません)

このパーティーでは他の出資者や社員の方と交流できるかなり貴重な機会です。私も以前参加したのですが、他の出資者の方々と実際にお会いしてお話しできる事はかなりの安心材料でした。

一方、スカイプレミアムは会員の生活のサポートをする為に様々なサービスを提供している会社です。

そのため、スカイプレミアムの会員になると資産形成サービスに加えて以下4種のサービスを受けることができます。

・TRAVEL(ホテル割引など)
・WINE&DINE(レストラン割引など)
・SHOPPING(ブランド品割引など)
・WHELLNESS(スパの利用など)

該当ホテルの中にはシンガポールで有名なマリーナベイサンズホテルなどもありましたよ。旅行好きでよく海外旅行に行く方には嬉しい特典かもしれませんね!

口コミ比較

エクシア合同会社、スカイプレミアム口コミ

エクシア合同会社とスカイプレミアムのTwitter上での口コミを比較してみましょう。

エクシア合同会社

エクシア合同会社へ出資している人のツイートからは毎月の返戻率の高さを喜ぶ声が多くみられました。中には配当の発表日が待ちきれないなんて声も。出資者はエクシア合同会社が誇る配当実績や今後の展開にかなり期待しているようですね。

Twitterでは私のようにエクシア合同会社への投資資金の変動をツイートしている方が多数いるので、気になる方は覗いてみると良いかもしれません。

スカイプレミアム

スカイプレミアムの出資者からは利回りに一喜一憂しているという声が多くみられました。

スカイプレミアムはエクシア合同会社と比較すると利回りが低い事が出資者としては懸念点なようで、中にはスカイプレミアムからエクシア合同会社へ移行する人もいました。

特に2020年から2021年にかけてはコロナウィルスの影響で旅行や外食の機会も減り、スカイプレミアムの特典を利用できる機会が減ったことも関係しているのでしょうか。

それでもスカイプレミアムは長い運用歴があるので、その点においてはとても評価されていましたよ。

エクシア合同会社とスカイプレミアムの口コミ全体として、両者の出資者は利回りを基準に投資先を選んでいる人が多いことがわかりますね。投資の基準は人それぞれですが、積極的に資産運用をしたければ「利回り」を基準にして選ぶのが無難でしょう。

ただし両者共に投資額は100万円からと決して少額ではないので、リスク分散としてエクシア合同会社とスカイプレミアムに投資をして様子を見るのもひとつの手かもしれませんね。

スカイプレミアムではなくエクシア合同会社を選んだ理由

エクシア合同会社を選んだ理由
ここまでエクシア合同会社とスカイプレミアムを様々な視点から比較してきました。

最後は参考までに、私がエクシア合同会社に投資を決めた理由3点をご紹介したいと思います。

私は元々エクシア合同会社の関戸さんと知り合いでしたので、そのご縁でエクシア合同会社をご紹介いただき、エクシア合同会社へ投資をしたという理由もありますが、スカイプレミアムへの投資を迷っていた時期もあります。

それでも以下3つの理由から結局スカイプレミアムには投資しませんでした。

①リスク分散

運用方法の項目で記載したように、スカイプレミアムのライオンプレミアムの運用対象はFXのみですが、エクシア合同会社は国内外の融資・投資事業と幅広い運用をしています。

両者共に運用の詳細は公表されていないので、毎月どの割合でどの程度の資産を運用しているかなどは私たち出資者には不透明です。

しかし、私はFX運用のみのスカイプレミアム(ライオンプレミアム)より運用の対象が複数のエクシア合同会社の方がリスク分散ができると判断し、スカイプレミアムではなくエクシア合同会社への投資を決めました。

②資産形成

二つ目の理由としては、資産形成に一番力を注ぎたかったからです。

私がスカイプレミアムにあるような会員サービスを利用する機会はほとんどありません。(旅行にいくのは数年に一度、高級レストランの利用もほとんどしないので…)

このことを考慮するとスカイプレミアムの会員費月額5,000円はかなりの出費です。

投資資金を手数料に回すよりかは運用に回したかったので、手数料がかからないエクシア合同会社に投資することにしました。

結果、エクシア合同会社に投資してよかったと言えます。多額の利益を得たので大成功でした。

私がエクシア合同会社でどれほどの資金を増やしたかの詳細は「実録!アキオの投資日記」に記録しています。

③菊地翔社長のカリスマ性

私がエクシア合同会社への投資を決めた最終的な理由は、エクシア合同会社社長の菊地翔氏のカリスマ性にかけてみようと思えたからです。

菊地氏のトレーダーとしての実力は、現在のエクシア合同会社の実績を見ていただければ歴然かと思います。しかしいくら凄腕を持つ菊地氏でも、全てのトレードで利益を出すわけではありません

それでも素晴らしい実績を残している理由のひとつに、菊地氏の徹底した資金管理があります。

例えば、菊地氏はトレードの際に損切りのラインを必ず決め、損切りをする事に対して躊躇しないそうです。むしろ「ある程度の損失はトレードに必要なコストだったのだ」とポジティブに捉えるそうです。

FXを経験した方ならわかると思いますが、この決断は素人にはなかなか難しいですよね。笑

ただしこれができるのは、菊地氏が運用資金を把握して、徹底的にリスクを計算して慎重に動いているからでしょう。

他にも菊地氏からトレードに関しての多くを学ばせていただいたのですが、お話を聞けば聞くほどそのカリスマ性を痛感しました。

そんな菊地氏は普段なかなか表舞台に姿を現さないので少し謎めている存在かもしれませんが、実際にお会いしてお話してみると本当に優しく親しみやすい方でした。

菊地氏にはエクシア合同会社を運営するうえで、日本中の多くの方に資産形成を通して幸せを掴んで欲しいという願いがあるそうです。

大半のファンドが最低投資金額を1000万円に設定している中、エクシア合同会社が最低投資金額を100万円に設定しているのは、もっと気軽に投資を始めて欲しいという菊地氏の想いからでした。

菊地氏が顧客を想っていることは、エクシア合同会社の出資者全員へ誕生日メールを送信したり、マスクを無料配布するという行動からも伝わりますよね。

私はこの様な菊地氏の暖かい人柄とトレーダーとしての実力に魅了され、エクシア合同会社への投資を決めました。

菊地氏についてさらに気になる方は「エクシア合同会社の社長は菊地翔氏!経歴や実績を紹介」の記事をご覧ください。

関連記事

会社設立から約5年間で、4%前後の利回り(返戻率)を50か月以上連続で出し続けているエクシア合同会社(EXIA)。そんなエクシア合同会社の代表である、菊地翔氏とは一体どんな人なのでしょうか?今回はエクシア合同会社設立時か[…]

まとめ

今回はエクシア合同会社とスカイプレミアムの特徴や口コミの比較をまとめました。

繰り返しにはなりますが、資産形成に集中したい人はエクシア合同会社へ、会員特典も利用したい方はスカイプレミアムへ投資をするのが良いでしょう。

投資をするか否か決める基準は人それぞれですので、エクシア合同会社とスカイプレミアムの特徴を加味した上で決めると良いですね。

この記事を読んでも「やはり両者で悩んでしまう・懸念点、疑問点がある」など様々なご意見があると思います。そのような方は私までお気軽にご連絡ください。

>>コロアキオへのご質問・ご相談はこちら

エクシア合同会社への投資をお考えの方は以下のフォームより連絡をください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ内容


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    すぐのお返事はタイミングによって難しいかもしれませんが、順次エクシアの担当の方にお繋ぎさせていただきます!