エクシア合同会社の気になる利回り、配当実績のまとめ

エクシア合同会社(エクシアジャパン)の気になる利回り、配当実績のまとめ

2016年からサービスを開始し、単月でも圧巻の利回りを出し続けるエクシア合同会社。

運用開始から約4年半経ったこれまでは、単月で見ても一度もマイナスになっていません。

まずはエクシア合同会社のこれまでの実績を見てみましょう。

2016年

返戻率実績

4月

37.91%

5月

10.96%

6月

7.65%

7月

9.34%
8月

15.25%

9月

3.14%

10月

5.38%

11月

2.35%

12月

5.37%

年間返戻率合計

97.35%
月間平均返戻率

10.82%

 

2017年

返戻率実績

1月

3.57%

2月

4.02%

3月

1.66%

4月

5.17%

5月

1.62%

6月

2.74%

7月

4.55%

8月

6.17%

9月

2.67%

10月

2.91%

11月

3.65%

12月

5.16%

年間返戻率合計

43.89%

月間平均返戻率

3.66%

 

2018年

返戻率実績

1月

2.58%

2月

1.61%

3月

1.91%

4月

4.36%

5月

4.66%

6月

5.04%

7月

4.98%

8月

3.28%

9月

3.92%

10月

4.64%

11月

3.85%

12月

3.21%

年間返戻率合計

44.04%

月間平均返戻率

3.67%

 

2019年

返戻率実績

1月

2.39%

2月

4.51%

3月

3.20%

4月

2.35%

5月

2.93%

6月

2.88%

7月

2.10%

8月

2.72%

9月

2.96%

10月

3.50%

11月

2.66%

12月

3.13%

年間返戻率合計

35.33%

月間平均返戻率

2.94%

 

2020年

返戻率実績

1月

2.54%

2月

2.59%

3月

5.40%

4月

2.62%

5月

2.57%

6月

3.14%

7月

3.51%

8月

3.02%

9月

3.18%

10月

4.16%

年間返戻率合計

32.73%

月間平均返戻率3.27%

運用開始の2016年4月から2020年10月までの55ヶ月で、月間平均返戻率は約4.60%です。思わず年間の返戻率と疑ってしまいますよね。

2016年4月の月間返戻率37.91%は別格として、どの月も安定して高い配当を出し続けています。

もし今後も平均月間返戻率4.61%が続いた場合、元本100万円から投資を開始したとすると、15ヶ月後に元本が2倍になります。

では景気が後退した局面でも、安定して配当を出し続ける可能性はどれほどあるのでしょうか? 以下で詳しく見てみましょう。

コロナも乗り切った2020年の利回りは?

新型コロナウイルスの影響で、2020年に入ってから世界中で景気が後退していますが、エクシア合同会社は安定して配当を出しています。

実際に同じ時期の日経平均株価前月比と比較してみましょう。

2020年

エクシア合同会社
の返戻率実績
日経平均株価の前月比

1月

2.54%−451.44円

2月

2.59%−2,062.22円
3月5.40%

−2,225.95円

4月2.62%

+1,276.68円

5月2.57%

+1,684,20円

 

1月から3月までの3ヶ月間は、日経平均株価が毎月下げ続けました。そのような相場が厳しい状況であっても、エクシア合同会社ではしっかり配当を出しています。

なぜこのような高い返戻率を維持できるのかというと、エクシア合同会社代表の菊地氏による徹底した資金管理がされているからです。

エクシア合同会社の運用は、大きく以下の2つに分けられます。

  1. EXIA PRIVATE LIMITEDへの資金の貸付
  2. ゴールドマン・サックスとJPモルガンへ融資

メインは①のシンガポールにあるEXIA PRIVATE LIMITEDによる外国為替による運用です。

シンガポールでは日本の金融庁による規制がないため、自由に制限なく運用ができるのでしょう。

またシンガポールは租税回避地として、税金対策として法人を立てることもあります。

利益を守るためにも、このような対策を講じているといえるでしょう。

またそれ以外にも、②ゴールドマン・サックスとJPモルガンへの融資を行い、徹底したリスクヘッジを行っています。

世界に誇る2大投資銀行へ融資をしているのですから安心材料となりますよね。

これらに加えて代表の菊地氏による徹底した資金管理が合わさり、コロナショックでも安定して利益が出せているということでしょう。

エクシア合同会社はこのような高配当を出し続けてくれますが、基本的には配当を引き出さなければ「複利運用」されていきます。

しかし配当を毎月受け取る「単利運用」も可能です。以下で詳しく見てみましょう。

毎月配当を受けることも可能

エクシア合同会社は毎月配当だけを受け取ることも可能です。配当の出金方法は、2020年3月以降はメールでの対応となっています。

メールアドレスは営業担当者に確認することができます。

メールに記載する内容は以下の通りです。

  1. EXIA ID
  2. 名前
  3. 住所
  4. 生年月日
  5. 質問/ご要請内容

⑤質問/ご要請内容に、配当金の分だけ出金したい旨を記載してください。

また原則として1メールには1要件のみとなっているため注意しましょう。1メール1要件になっている理由は「現評価額の確認」と「契約書の再送」では、担当者が異なるためです。

それでは実際に、エクシア合同会社で運用している筆者の資産がどれだけ増えたか紹介していきます。

平均月利4%で筆者の運用資産はどれだけ増えた?

筆者はエクシア合同会社が運用開始した2016年4月から、初期投資200万円で運用しています。

途中一度だけ、実家のリフォーム資金のために引き出していますが、これまでの資産の推移をご紹介します。

 

2016年

返戻率運用資産残高(円)

4月

37.91%2,758,200

5月

10.96%3,060,499

6月

7.65%3,294,627

7月

9.34%3,602,345

8月

15.25%

4,151,703

9月3.14%

4,282,066

10月5.38%

4,512,441

11月2.35%

4,618,484

12月5.37%

4,866,496

 

 

2017年

返戻率運用資産残高(円)

1月

3.57%5,040,230

2月

4.02%5,242,847

3月

1.66%5,329,879

4月

5.17%5,605,433

5月

1.62%5,696,241

6月

2.74%5,852,318
7月4.55%

6,118,599

8月6.17%

6,496,116

9月2.67%

6,669,563

10月2.91%

6,863,647

11月3.65%

7,114,170

12月5.16%

7,481,261

 

 

2018年

返戻率運用資産残高(円)

1月

2.58%7,674,278

2月

1.61%7,797,834

3月

1.91%7,946,772

4月

4.36%8,293,252

5月

4.66%8,679,717

6月

5.04%9,117,175
7月4.98%

9,571,210

8月3.28%

9,885,146

9月3.92%

10,272,644

10月4.64%

10,749,294

11月3.85%

5,163,142

12月3.21%

5,328,879

 

 

2019年

返戻率運用資産残高(円)

1月

2.39%5,456,239

2月

4.51%5,702,316

3月

3.20%5,884,790

4月

2.35%6,023,082

5月

2.93%6,199,559

6月

2.88%6,378,106
7月2.10%

6,512,046

8月2.72%

6,689,174

9月2.96%

6,887,173

10月3.50%

7,128,224

11月2.66%

7,317,835

12月3.13%

7,546,883

 

 

2020年

返戻率運用資産残高(円)

1月

2.54%7,738,574

2月

2.59%7,939,003

3月

5.40%

8,367,709

4月2.62%

8,586,943

5月2.57%

8,807,628

6月
3.14%

9,084,187

7月
3.51%

9,403,042

8月
3.02%

9,687,014

9月
3.18%

9,995,061

10月4.16%

10,410,856

2018年11月に600万円を引き出しましたが、その後は一度も引き出さず複利で元本を増やし続けています。

2020年9月末現在、初期投資200万円に対して+14,410,856円です。もし600万円を引き出さなければ、2,000万円弱まで資産が膨らんでいたと思います。

現在は毎月送られてくるメールで自分の資産評価額を確認することができますが、以前はそのような仕組みがありませんでした。

そのため毎月営業担当者に返戻率を確認し、自分で計算して資産評価額を算出していました。

所々で、「自分の資産はこんなに膨らんでいるのか?」と疑ってしまいましたが、2018年の11月はしっかり600万円を引き出すこともできましたよ。

このように圧倒的な配当を出し続けるエクシア合同会社ですが、よく比較対象として挙げられるファンドが「スカイプレミアム」です。以下で2つのファンドを比較してみます。

エクシア合同会社VSスカイプレミアム

以下の表は、いくつかの項目をエクシア合同会社とスカイプレミアムで比較したものです。

エクシア(EXIA)合同会社スカイプレミアム

運用成績
(19年の年利)

35.33%16.27%

最低投資額

100万円100万円

運用対象

シンガポール
法人で運用と
投資銀行への
貸付け

FXのみ

運用開始2016年

2013年

手数料0円

月額5,000円〜10,000円

サービスパーティー無料参加

会員制ホテル割引

レストラン割引

ブランド品割引

大きな違いとしてエクシア合同会社は手数料がありませんが、スカイプレミアムは月額5,000円〜10,000円の手数料がかかる点が挙げられます。

スカイプレミアムの手数料は、会費のようなもので月額50ドル(約5,000円)のゴールド会員と、月額100ドル(約10,000円)のプラチナ会員が用意されています。

これらの違いは受けられるサービスで、資産運用だけであれば月額50ドルのゴールド会員でも大丈夫です

 

◆エクシア合同会社への投資に向く人

  • リスクを取って積極的に運用したい人

 

◆スカイプレミアムへの投資に向く人

  • 資産運用だけでなく、旅行やレストランなどのサービスも受けたい人

 

「とにかく積極的に運用したい」と思われている人は、エクシア合同会社に投資をした方がいいですね。

ただしエクシア合同会社の成績は、今後もスカイプレミアムを上回り続けるという保証はない点は理解しておいた方がいいでしょう。

まとめ

今では安心してエクシア合同会社に投資をし続けていますが、最初は驚異的な配当が入ってくるため正直不安でした。

しかしサービスを開始してから約4年半経った今でも、特にトラブルなどなく安心して運用ができています。

筆者がエクシア合同会社の営業担当者と元からの知り合いであることも大きいですが、定期的に開催されるレセプションパーティーで、投資家仲間が増えていったことも続けられている要因かもしれません。

レセプションパーティーに無料で参加できるのはエクシアの大きなメリットですね。

ただし投資である以上、必ずリスクはあります。そのため自分の全資産ではなく、あくまで余裕資金でエクシア合同会社に投資することをオススメします。

>>エクシア合同会社への投資にかかるリスクや注意点とは?

>>エクシア合同会社の気になる評判や口コミとは?

エクシア合同会社への投資をお考えの方は以下のフォームより連絡をください。

    お名前
    メールアドレス
    お問い合わせ内容


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    すぐのお返事はタイミングによって難しいかもしれませんが、順次エクシアの担当の方にお繋ぎさせていただきます!