エクシア合同会社のからの出金方法は?かかる税金も併せてご紹介

エクシア合同会社のからの出金方法は?かかる税金も併せてご紹介
エクシア合同会社に出資をし、配当をもらうためには以下の5事項を記入の上で、
info@exiallc.jp  宛に送ることになります。

①EXIA ID
②氏名
③住所
④生年月日
⑤要請内容(配当分100万円を出金したい、等)

原則として「1メールには1用件」とお願いされています。

たとえば、今現在の自分の資産がいくらになっているを知りたい場合、現評価額の確認申請をすればよいのですが、その場合も上記のように必須項目を5点記入の上、メールを送ることになります。

毎月配当をもらおうとする場合は、毎月上記の手続きをします。

エクシアを解約して、出資金を出金したい

解約の場合も配当をもらうときと同様に上記の内容を記入します。
1-4は同じですから⑤に解約希望とかいて送るようにしましょう。

エクシアからの出金時にかかる税金

ここからはエクシアで得た利益にかかる税金について細かく解説をします。

ここで重要なのは、配当として手元に戻した金額が出資金を上回るまでは課税されない、という点です。

毎月エクシアから届く配当は利益配当ではなく返戻金ですので正確に理解をしましょう。

出金する金額が出資金額より大きくなる場合

エクシア同号会社へ出資した後、毎月配当金を得ることができます。
この出金した金額の総額が出資金をこえた時点より、差分について税金を支払う必要が出てきます。

例を使って説明します。
仮に1000万を出資したとします。
2年にわたり計4回配当をもらい、この配当合計がちょうど1000万円でした。
この場合税金はまだ発生せず、次の配当を得た時点より課税されます。

続けます。次の配当はまとめて合計で200万でした。
この時エクシアは初めて、この200万円に対して源泉所得として20.42%を引いて払い出しを行い、支払調書なる書類を郵送で送付してきます。
税金は総合課税ですので、あなた自身の配当以外の年間総所得と合算して税率をみます。
これが20.42%より高い場合はその分をさらに納税します。
逆に低い場合は確定申告で申請をして還付を受けることになります。

出金する金額が出資金額より少なくなる場合

先ほどの繰り返しになりますが、配当金が出資金を超えるまでは利益ではありません。
つまり課税対象にはなりませんので納税義務は発生しません。

補足:出資者にもしものことが合ったら出資金はどうなるの?

まとめ

今回は、配当のもらい方、解約の仕方についてまとめてみました。
また個人投資家にとってはきってもきれない税金についても触れました。
筆者は2016年から投資をしており(くわしくはこちら)2020年7月現時点では過去に1度だけ出金をしたままです。
別ページに詳しく書いてありますが、200万は1000万になりm600万出金しました。めっちゃ増えました。
正直ここからはどうなってもいいと思っていますがまた700万まで増えているので100万円だけにしようと思います。
その解約の模様はガッツリだしていきます。正直エクシア同号会社に関して僕は勝ったな、と思っています。

>>運営者情報と実録エクシア投資日記

エクシア合同会社への投資をお考えの方は以下のフォームより連絡をください。

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

すぐのお返事はタイミングによって難しいかもしれませんが、順次エクシアの担当の方にお繋ぎさせていただきます!