エクシア合同会社への投資にかかるリスクや注意点とは?

エクシア合同会社への投資にかかるリスクや注意点とは?

FXを主な投資手法としているエクシア合同会社。

今回はそんなエクシアへの投資にかかるリスクや注意点を細かく紹介していきます。

FXでの資産運用にかかるリスク

資産運用の対象としてFXを選ぶのはとてもレアと言えます。
ヘッジファンドや資産運用会社のほとんどが、株式や債券を中心にしており、少し凝ったところでデリバティブといったところでしょう。

確かにトレーダーの中には、FXで莫大な利益をあげる個人が存在しますが、本当に一握り。

それすら天才的個人トレーダーがリスクを張りながら上手に私財を増やすという話が一般的であり、ファンドや投資信託で為替をメインに運用するものは聞いたことが有りません。

では、なぜFXは運用対象にならないのでしょう?

理由は様々ありますが、主には以下の2点と言えます。

・為替の動きは世界各国の様々な指標と複雑に影響をうけあっているため分析が難しい
・相対取引も可能なためブローカーの恣意性(ロスカット狩り等)にも対応が不可欠

このように、一定の規則性が見える株式取引に比べ、不確定要素が多いFXはそもそものコンセプトが全く違います。

一部のトレーダーが常勝しており、菊池氏のトレード利益がほものであるならこれにこしたことはないでしょう。

為替変動のリスク

あえて為替変動のリスクと書きましたが、これは外国株式や外国債券を買った時、評価額に著しく影響を与えるものとして説明する際に使われます。

しかしFXファンドにおきましては、この為替変動そのものが収益機会です。

つまり、為替変動の波をうまくとらえ、収益をあげることができるかどうかがトレーダーの腕の見せ所と言えます。

元本保証ではない

そもそも金融商品のうち、定期預金や債でない限り、元本保証はありません。
まして年間40%の配当実績を誇るエクシアです。当然ながらリスクをとって運用をしています。

元本保証じゃないと絶対に投資しないという方は、エクシアの商品は縁がなかったということになります。ハイリスクハイリターンが基本のFXですが、ここまでの実績からいって、そのリスクをうまくコントロールしており、そこにこそエクシア合同会社の凄さを見ることができるというわけです。得はとりたいが、損は絶対にしたくないということであればファンドへの投資は控えた方がよいでしょう。
5年間安定した利益を生み出し続けていますが、明日はどうなるか誰にもわかりません。エクシア合同会社へ投資する資金はあくまで余剰資金の中から捻出しましょう。

エクシアのリスクヘッジ

現在までのところ投資家より集めたお金はシンガポールの運用会社EXIA LIMITED PARTNERSのほか、ゴールドマンサックス、JPモルガンに分散投資をしています。
内容は公開されていませんが、年間契約で一年に一度ずつ決済をしているようです。

コロナショックによる影響

チャーとはこれくらい動きました**図式でもあれば
でもエクシア合同会社は5.1%もだしています。

ファンドの破綻リスク

ではここからはリスクについてみていきます。
特に気になるのがお金を持ち逃げされないかという点。

信託保全ではない

投資信託や海外の有名ファンドなどの商品を購入すると、大手銀行名が振り込み先として指定されています。
これは投信やファンドが、分別管理をしており、資金を運営側と分離して保管するというサービスを銀行等金融機関に依頼をしているからです。
一方エクシア合同会社の場合は文字通りエクシア名義の口座に入金をすることになります。
この点を担当者に聞いてみましたが、信託保全はしていないという回答でした。
年間でも信託保全など数千万以上のコストがかかりますが、顧客の安心感や信頼を得るために
契約するところは多いです。エクシアに関しては、ものすごい勢いで新規の投資が集まっているようですので、杞憂に過ぎないのでしょう。
(事実分別保管をしていても、資金を流用しようと思えばどうとでもできるのが現実的な話ではあるのです。5年という実績をふまえて、その点を考慮にしれていきましょう。

菊池氏がいなくなってしまったらどうなる?

菊池代表のトレード技術が、エクシア合同会社にとってどれくらいのインパクトなのかは、今一度確認をしたいところです。少なくとも設立して4年ほどは、ほとんど菊池氏がFXにて運用をしてきたようです。またコロナ禍にある3月でも5、〇%という実績をみると、相当な手練れと言えるでしょう。
別途分散投資を始めているとはいえ、エクシア合同会社というファンドのかじ取りは代表の菊池氏ですので、仮に代表を降りたり、運用をやめてしまった時は、潔くファンドを解散してもらいたいと思います。管理人としては、彼が健康で運用を続けてくれるのを祈るのみ、です。

>>エクシア合同会社の社長は菊池翔氏!経歴や実績を紹介

情報の開示が少ない

合同会社への出資などいわゆる私募ファンドへの出資には常に情報が少ないという指摘を受けがちです。
ただし上場していない会社は、会社の内部について公開する義務はありません。
また資産運用会社という特性上、会社の内部をあまり露骨にさらけ出すと収益を得る機会を他のファンドにとられることも考えられます。
とはいえ、エクシアにしても一定割合の情報公開はなしており、あらゆる質問をいつでも受けますという立場を崩してはいません。
回答できることに対しては回答し、開示をしていないものについては開示していないと、線引きは明確ですので誠実さは感じます。
今までののところ5年にわたって毎月配当を出し続けている実績と、投資総額が200億を超える規模感にくわえ、いつでも解約可能ということで「抜けやすさ」は抜群と言えます。
まとめるなら、情報公開は一般の企業なみだけど、その分いつでも解約ができる、というバランスです。
また悪い噂や、投資家にとってマイナスな事象が発生すれば、SNS等を介して、瞬時に拡散されるのが今のネット社会。その点から言っても、いまのところエクシアは安全という事ができます。

まとめ

筆者がいつも思うことは迷ったら直接聞けです。
話を聞くのはタダですし、納得がいかなければ投資をしないという選択をすればよいです。
また既出ですが、エクシア合同会社に投資をしても、ロックアップ期間として最低投資期間というものは定められておりません。いつでも解約ができますので、興味があれば短期解約をするつもりでまず投資をしてみるのもよいでしょう。
これだけ出資額が増えているので、当面は安泰なのではないかと筆者は考えます。

>>運営者情報と実録エクシア投資日記

エクシア合同会社への投資をお考えの方は以下のフォームより連絡をください。

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

すぐのお返事はタイミングによって難しいかもしれませんが、順次エクシアの担当の方にお繋ぎさせていただきます!