エクシア合同会社への投資方法は?申し込み〜解約方法を紹介

エクシア合同会社への投資方法は?申し込み〜解約方法を紹介

月利平均3%以上、年間30%以上の配当を出し続けるエクシア(EXIA)。株式の配当金利回りで年間2%前後、不動産投資で年間4%前後であるため、エクシアの配当がいかに高いかわかるかと思います。

そんなエクシアへ投資しようと思っても、公式HPには申し込み方法の詳細が載っていません。そこでまずはエクシアに投資するために、以下の3点について詳しく説明していきます。

 

  • 最低出資金額
  • 手数料
  • リスク

 

エクシアは最低出資金額が100万円からとなっています。筆者が始めたころは50万円から出資させてもらっていましたが、ファンドが拡大していくにあたり最低出資金額も高く設定されつつあるようです。

今後もこの勢いでファンドが拡大していけば、さらに最低出資金額が高くなることが予想されますね。

 

そしてこのようなファンドへの投資で気になることが「手数料」ではないでしょうか?

たとえば銀行や証券会社などで販売される「投資信託」を購入すると、年率で0.1〜2%くらいの信託報酬(手数料)が発生します。一方エクシアのような「私募ファンド」は、実際の利益に対して30〜50%の手数料が発生することも珍しくないです。

ところがエクシアは手数料が発生しません。

ではどのようにエクシアが利益を出しているのかというと、運用益の50%をエクシアに、残りの50%を配当という形で運用しています。たとえば2018年11月のトレード結果は7.69%でしたが、配当は約半分の3.85%となっています。

「手数料」という名目では設定していませんが、成功報酬としてトレード結果に対する50%を間接的にエクシアに支払っているようなイメージですね。

続いてリスクについてです。エクシアには大きく以下の2つの「リスク」があることをよく理解しましょう。

  1. 元本保証ではない
  2. FXで運用するため「為替リスク」が存在する

エクシアは銀行預金と異なり、「元本保証」ではありません。そのため仮に出資金額が100万円であった場合、運用状況によっては100万円を下回る可能性があります。

またエクシアはFXで運用を行うため、「為替リスク」があることをよく理解しましょう。運用開始からこれまでの約4年半で一度もマイナスを出していませんが、相場の状況によってはマイナスになる可能性もあります。

たとえば2015年に「スイスフランショック」という為替の急激な変動が起きました。この時あまりに為替が急激かつ大幅に動いたため、大きな損失を受けた投資家も多くいました。このような為替リスクは常に存在すると理解しておきましょう。

それではエクシアの最低出資金額や手数料、リスクについて理解できたところで、具体的にどのように投資を始めるのか以下で詳しく解説していきます。

エクシア投資の始め方!申し込み3ステップ

エクシアへ投資を始めるには、下記の3つのステップで進めていきます。

  1. エクシア担当者と面談
  2. 申し込みフォームの送信と電子契約書
  3. 指定口座に振り込み

以下で詳しく解説していきます。

①エクシア担当者と面談

エクシアへ投資を行うには、まず担当者と面談を実施します。

エクシアの公式HPをご覧になった方はわかるかもしれませんが、HP上に申し込みフォームはありません。これはエクシアが「私募ファンド」と呼ばれる形態であり、金融商品取引法で不特定多数の人へ募集をすることが禁止されているためです。

そのためエクシアに直接問い合わせ、または出資者からの紹介のいずれかの方法でアポをとるしかありません。管理人の私は出資ですので、私に連絡を頂ければエクシアにお繋ぎすることができます。ぜひ以下のリンクから気軽に私に問い合わせてみてください。

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

面談の実施方法は、対面でもオンラインでもどちらでも対応可能です。担当者によっては、平日の夜や休日でも対応してくれますよ。メールに「お名前」と「面談の希望実施形態(対面・オンライン)」、「希望の面談日時(3つほど)」を記載してください。私の方でエクシアの担当者と調整させて頂きます。

対面での面談は東京丸の内の自社オフィスで実施されます。東京駅から徒歩で行くことができ、オフィス内も見学することができますよ。

エクシア合同会社:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目8−3 丸の内 トラスト タワー 本館 20 階

面談では、エクシアの会社説明と、出資に関する注意事項など詳しく聞くことができます。基本的にマンツーマンで実施されますので、わからないことがあれば都度質問することもできるため安心できますね。

また面談したからといって、必ず出資しなければならないことはありませんので、まずは気軽に面談をしてみましょう。続いて面談実施後の流れを解説していきます。

②申し込みフォームの送信と電子契約書

面談終了時に、担当者から以下のような申し込みフォームをもらうことができます。申し込みフォームを受け取りましたら、下記の内容を入力していきましょう。

  • 登録タイプ:「出資」
  • 個人法人区分:個人の場合は「個人」を選択
  • 名前:漢字とカタカナ両方入力
  • 生年月日
  • EXIA ID発行区分:「今回が初めての登録です」
  • メールアドレス:EXIA IDに使用
  • 現住所:郵便番号から入力
  • 電話番号
  • 性別
  • 郵送物:エクシアからの郵送物の受け取り可否
  • 銀行口座:入出金先の口座情報を入力
  • 説明担当者ID:面談を実施した担当者に確認
  • 出資金額:100万円単位で入力

申し込みフォームの入力が完了すると、登録したメールアドレスに電子契約書が届きます。印鑑を用紙に捺し、それをスマホのカメラで撮影し、契約書にサインをしましょう。そして最後にエクシアの指定口座へ振り込みを行います。

③指定口座に振り込み

振込先口座は面談時に聞くことができます。以前はゆうちょ銀行でしたが、最近みずほ銀行に変わりました。

また申し込みフォームを入力してから1週間以内に振り込みを行わなければ、自動的に申し込みがキャンセルになってしまいます。その場合、再度申し込みフォームに入力すれば大丈夫ですよ。

申し込み完了から3営業日以内に、登録したメールアドレスに手続き完了のメールが届きます。

申し込みした月内にエクシアに着金すれば、翌月1日から運用開始となりますが、月末最終日の平日15時を超えると翌々月からの運用開始となります。

たとえば7月10日に振り込みを振り込むと8月1日から運用開始、7月31日の16時に振り込むと9月1日から運用開始です。

ではもしエクシアの運用を止めて出金したい時、どのような手続きが必要なのでしょうか?出金時の手続きもとても簡単ですので、以下で確認していきましょう。

エクシア合同会社への出資を解約するには

エクシアの解約は、2020年2月までは電話対応でしたが、2020年3月からはメール対応に変更になっています。解約手数料等も発生しませんので、安心して解約の申し込みができますよ。メールアドレスは以下の通りです。

エクシア解約時のメールアドレス:info@exiallc.jp

メールには以下の内容を記載しましょう。

  • EXIA ID:申し込みした時のID
  • 名前
  • 住所:郵便番号から全て記載
  • 生年月日
  • 要請内容:解約・出金したい迄を記載

なおメールでの問い合わせは1メールにつき1案件となっています。たとえば「現評価額の確認」と、「出金・解約申請」は同時にできないため注意しましょう。

メールで問い合わせを行った後、エクシアから解約書類が届きます。必要事項を記入後、エクシアに郵送すれば手続き完了です。

解約については一部でも全額でもどちらでも大丈夫です。たとえば総額500万円を投資している場合、300万円を解約して200万円を残すことも可能ですよ。

その場合はメールの「要請内容」に記載しておきましょう。そして解約書類に「解約口数」の欄があるため、解約したい口数をしていすれば完了です。(1口=100万円)

また投資をしたけれど、やはり不安になりすぐに解約してクーリングオフを実施したい場合もあるかもしれません。

そのような場合でもクーリングオフできますので、安心して投資することができます。詳しくはエクシアの営業担当者や、「国民生活センター」に確認してみるといいでしょう。

参考:独立行政法人「国民生活センター」http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html

最後に解約時の注意点を2点お伝えしていきます。1つ目は解約後いつ投資したお金が振り込まれるか、2つ目は税金についてです。まずは解約後いつお金が振り込まれるかについて説明していきますね。

解約の申し込み後、指定口座への出資金が振り込まれるタイミングは、申請した月の1ヶ月後遅くても2ヶ月後です。申請するタイミングによって、指定口座へ振り込まれる時期も若干変わってきます。たとえば7月20日に解約の申し込みをすれば、8月31日に指定口座に振り込まれますよ。

ただしエクシアは毎月の出金制限を設けており、出資者の解約具合によって希望通りに出金できない可能性があります。これはエクシアがファンド運営という形態上、毎月の資金計画などをあらかじめ立ており、出金額が増えすぎると運用に支障が出るためです。

特に月末の申し込みは、すでに出金制限を超えている可能性があるため、なるべく月初に解約の申し込みをした方が良さそうですね。

続いて税金についてです。出資金を出金する際、元本に対して税金がかかりませんが、配当に関しては20.42%がエクシア側で源泉徴収されます。

参考:国税庁「配当を受け取っとき」https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1330.htm

たとえば300万円を出資して配当が20万円ある場合、40,840円(20万円×20.42%)が源泉徴収され、出資金と残りの159.160円(20万円−40,840円)の合計3,159,160円が指定口座に振り込まれます。

指定口座に振り込まれた後、1週間から2週間後にエクシアから支払調書が送られてきます。支払調書は確定申告の際に使用しますので、大切に取っておきましょう。

なお確定申告が必要かどうかは、給与や他の所得との兼ね合いもありますので、詳しくはエクシアの担当者に聞いてみるといいですよ。

では最後にエクシアに出資者限定の特典である、「レセプションパーティー」について紹介していきます。

出資後のレセプションパーティー

エクシアに出資すると、無料でレセプションパーティーに参加することができます。

レセプションパーティーではエクシアの運用状況や新たな取組み、他の出資者の方と交流することができますよ。私も何度か参加させて頂きましたが、毎回充実した時間を過ごさせて頂いています。

※2020年2月のレセプションパーティーの案内(出資者専用LINEにて)

エクシアに出資して、申し込みを行うと、出資者専用のLINEアカウントに登録することができます。こちらのLINEでは毎月の返戻率実績や最新情報、レセプションパーティーの開催概要の情報を得ることができますよ。

※2020年3月以降のレセプションパーティーは、新型コロナウイルスの影響で当面開催が中止されています。

事前申し込みも必要なく気軽に参加できますが、会場の都合上入場制限がかかることがありますので、参加される場合は余裕を持って行ってくださいね。

>>エクシア合同会社の社長は菊池翔氏!経歴や実績を紹介

まとめ

エクシアは「私募ファンド」という形態上、金融商品取引法の関係でHPなどから申し込みを行うことができません。そのため必ずエクシアの担当者と面談を実施してから、出資する流れとなります。

面談については、エクシアの出資に関することだけではなく、他に資産運用と比較したい場合でも中立的に話を聞くことができますよ。まずは気軽に面談に行ってみてだくさいね。

エクシア合同会社への投資をお考えの方は以下のフォームより連絡をください。

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

すぐのお返事はタイミングによって難しいかもしれませんが、順次エクシアの担当の方にお繋ぎさせていただきます!