エクシア合同会社の社長は菊地翔氏!経歴や実績を紹介

会社設立から5年間で、月利平均4%前後を50か月以上連続で出し続けている(一度もマイナスなし)エクシア(EXIA)合同会社。

そんなエクシア合同会社の代表である、菊地翔氏とは一体どんな人なのでしょうか?

エクシア合同会社の社長は菊池翔氏

引用元:エクシア合同会社公式HPより

菊地翔氏は1977年北海道生まれの現在43歳。エクシアジャパン(現エクシア合同会社)を立ち上げる前は個人のFXトレーダーとして活躍していました。

一時期は地元の北海道に戻り、1日17時間もトレードに費やすこともあったようです。

私が菊地翔氏に初めて会ったのは2015年の1月。

その当時、管理人である私は愛知県に住んでおり、エクシアジャパン(現エクシア合同会社)のオフィスも名古屋にありました。

そのため何度か名古屋のオフィスに遊びに行かせてもらいましたよ。

当時はまだ出資を募っていませんでしたが、知人周りだけで投資をすることができました。

ただし投資対象が外国為替であり、まだ無名のエクシアジャパン(現エクシア合同会社)へ投資することはとても不安でした。

それでも最後は、菊地翔氏の人柄で出資を決めたのを覚えています。

菊地翔氏に実際に会ってみた印象は、柔らかい口調と笑顔が素敵な方という印象でした。

話していても「おれは社長だ」のような威圧的な感じを受けることもありませんでした。

また「金融」や「投資」という仕事柄、どうしても「お堅い」という印象がありますが、全くそのような印象がなかったです。

変に砕けているわけではなく、一つの話題に対してもユーモア溢れる表現を用いたりと、とても話がお上手な方という印象でした。

そんな菊地翔氏について、現在までの経歴とFX取引の実績など、さらに詳しく紹介していきます。

現在までの経歴とFX取引での華やかしい実績

菊地翔氏のトレードの実績は豊富で、2009年には利益率2,520%という驚異的な数字を上げています。

その実績もあり、2011年にある証券会社とプロップトレーダー(※)として委託契約していました。

(※)プロップトレーダーとは、会社の資金を使ってトレードする人。

なぜこのような実績を出せるのか一度聞いてみたことがあり、返ってきた答えが「徹底した資金管理です」でした。

株式やFXなどの投資では、投資をする前に「損切り」ポイントを立て、もしそのポイントになれば機械的に損切りを実行することが理想です。

しかし言うは易く行うは難し。

理解していても損切りはなかなかできないものです。

菊地翔氏は「投資で10戦10勝は絶対にありえない」といっており、一定の損切りは「必要コスト」と考えているとのこと。

運用可能な資金を常に把握し、どのくらいのリスクを取れるかなど、徹底的に考えることが大切と仰っていました。

トレーダーとしてはもちろん、最近は経営者として経験を積まれた菊地翔氏ですが、2019年に初の書籍を出版しました。

幻冬舎より「孤高の箴言」を出版

菊地翔氏は、2019年11月23日に「孤高の箴言(しんげん)」という書籍を出版しました。本人にとってもはじめての書籍だそうです。

この本を読んでいて感じたことなのですが、菊地翔氏ではなく別人が書いているのではないかという印象でした。

本の内容は難しい言葉が多く、太宰治の小説や詩集を読んでいるように感じます。

ところが実際にお会いして会話していると、難しい言葉を噛み砕いてわかりやすくお話してくださる方です。

書籍ではあえて難しい言葉を使うことで強く想いを伝えたい、というご自身の考えなのかもしれませんね。

またところどころにトレーダーならではの言葉が並んでいるのも印象的です。

たとえば、

「損切りを躊躇うな。しがらみを切り捨てて身軽になり、迅速に行動し、鋭敏に方向転換せよ」

「全ては一本の線に帰結する。今は過去の延長線上に在り、未来は常に今の延長線上に在る」

「損切り」という言葉はトレーダーならではの言葉ですよね。

また「全ては一本の線に帰結する」は、チャートのことを言っているのかな?と思わせるような表現です。

さらに、

「恐れる必要はない。失敗など些末なことなこと。命さえあれば、再び好機は巡ってくる。」

この言葉は、菊地翔氏自身の過去の経験から書かれたものかと思われます。

実はエクシアジャパン(現エクシア合同会社)が立ち上がったばかりは、思うように出資金が集まらなかったそうです。

今では330億円を超える出資金を集めていますが、2016年の募集開始時は1億円程度しか集まりませんでした。

しかし菊地翔氏のほか、当時の社員2人と3人でどうすべきか徹底的に議論をし、レセプションパーティーの開催など新たな施策を打ち出し、今では破竹の勢いで出資金を伸ばし続けています。

「命さえあれば、再び好機は巡ってくる」というのは、菊地翔氏の信念ということでしょう。

エクシア合同会社の順調な経営の裏にはNo2の.関戸直生人氏の存在も大きい

エクシア合同会社というと菊地翔氏の存在が大きいですが、実はNo2.と言われる関戸直生人氏の存在も大きいです。

エクシア合同会社のことを知ると、次に知りたくなるのは代表者の菊地翔氏の経歴や人となりですが、エクシア合同会社の成功に最も貢献したのは関戸直生人氏だと私は考えています。

No2.は役割がら日に当たることはありませんが、エクシア合同会社に出資をするならば、関戸氏のことも知っていて損はないですよ。

関戸直生人氏はエクシアジャパン(現エクシア合同会社)の立ち上げから関わる1987年生まれの現在33歳。

東京に来る前は地元の愛知県内に住んでおり、金融関係の仕事をしていた関戸氏が、共通の知人を通じ菊地翔氏と名古屋で出会いました。

その後すぐに菊地翔氏と意気投合し、エクシアジャパン(現エクシア合同会社)へ参画しました。

関戸氏は大学卒業後、サラリーマンをする傍ら小説家を目指し、周りの人に「自分は必ず小説を出版する」と宣言していたようです。

そして実際に2014年2月に「ありがとうがいいたくて」という小説を出版しています。

実はサイト管理人である私コロアキオ、関戸直生人氏と同郷。エクシアが立ち上がる前から知り合いです。

それまで全く投資に縁がなかった私ですが、関戸氏の誘いに純粋に協力しようと出資を始めたところ、菊地翔氏のトレード手腕によって、短期間でいともたやすく資金が増えたのです。

最初は毎月配当をもらっていましたが、複利運用の方がオイシイということに気づき、そこからはほったらかし。

毎月の報告を待つようになりました。その後菊地翔氏のエクシア合同会社はどんどん大きくなり現在に至ります。

ということで、この「エクシア体験記」は、エクシア合同会社のNo2.である関戸直生人氏と私が旧知の仲ということもあり、独自の情報満載となっています。

エクシア合同会社での関戸直生人氏は「シニア・ヴァイス・プレジデント」という肩書です。通常、エクシアに出資するにはこの関戸直生人氏が面談をしてくれますよ。

彼の誠実で実直な募集活動が実を結び、エクシアは順調に出資金額を伸ばしているようです。菊地翔氏にとっても、関戸直生人氏は本当に頼りになる存在ですね。

エクシア合同会社についてさらに詳しく聞きたい場合は、下記リンクからお問い合わせください。

お問い合わせ頂くと私にメールが届き、エクシア合同会社の関戸直生人氏にお繋ぎすることができます。

>>エクシア合同会社に関するご質問・ご相談はこちら

まとめ

積極的なプロモーションや驚異的な配当率で出資者を伸ばしているエクシア合同会社。

その社長である菊地翔氏ですが、メディアやネットでの露出は少なめといえるでしょう。

しかし北海道にいる時から金融界隈では噂になるほど敏腕トレーダーとして名を馳せ、数々の金融機関でトレーダーを担いながら実績を作っていきました。

実力は申し分ないとは思いますが、預かり資金が300億を超えていく中、運用スキルや経営方針については、さらなるレベルアップも必須でしょう。

引き続き菊地翔氏の活躍を期待したいです。

最後になりますが、以前、菊地翔氏に「トレードをする際にもっとも大切なことは何ですか?」という質問をしたことがあります。

その質問に菊地翔氏は、資金管理ですと回答されていました。

2009年に利益率2,520%という驚異的な成績を出しているため、リスクをかなりとっているかと思いきや、意外と慎重な運用をされていたようです。

トレードスタイルと同じように、経営についても慎重さを大切にして頂きたいところですよね。

>>エクシア合同会社の気になる利回り、配当実績のまとめ

エクシア合同会社への投資をお考えの方は以下のフォームより連絡をください。

お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

すぐのお返事はタイミングによって難しいかもしれませんが、順次エクシアの担当の方にお繋ぎさせていただきます!